大阪市の福祉葬儀・生活保護葬儀の申請・手続きはソウユウシャ
生活保護での葬儀費用・申請・手続きのご紹介

大阪市の生活保護受給者が死亡時の葬儀費用・申請・手続き

大阪市では生活補受給者様が、お亡くなり(死亡)になった場合
葬祭扶助を利用した、葬儀費用が免除になる福祉葬が御座います。
葬儀費用の範囲、生活保護範囲での葬儀の申請、死亡時の手続きをご紹介致します。

生活保護受給者様がお葬式をおこなう際、葬儀費用の支払いが困難となるため、大阪市が葬儀費用を
支払いおこなう葬儀のことを、福祉葬、生活保護葬儀と呼びます。


大阪市で福祉葬をおこなう場合は、葬儀をおこなう前に市役所にて、葬祭扶助の申請・承認が必要と
なります。葬儀を終えてからの申請は認められておりませんので、信頼のおける近くの葬儀社「葬優社」
ご依頼下さい。


故人に「遺族」がおられる場合は、葬儀をおこなう「遺族」が申請者となります。
故人のみが生活保護受給者で、葬儀をおこなう「遺族」は生活保護を受給していない場合
葬祭扶助(費用免除)での福祉葬をおこなうことは、困難となります。
遺族がおられる場合は、葬儀をおこなう方(親・配偶者・子)が、生活保護を受給していて
葬儀費用の支払いができないことが前提となります。葬祭扶助を適用するかの判断は、市役所
生活支援課 ケースワーカーの判断となります。


 【費用免除となるケース】

 ※ 単身で生活保護受給者の方がお亡くなりの場合(葬儀費用を支払う遺族が誰もいない)
 ※ 生活保護受給世帯で配偶者などがお亡くなりの場合(費用を支払う方が生活保護を受給している)


 【申請をおこなう場所】

 葬祭扶助の申請は基本的には 「申請者・葬儀をおこなう者」のお住まいの市区町村となります。
 大阪市の葬祭扶助は、申請者の住民票の場所が、大阪市にあることが前提となります。


 【申請はいつするのか】

 ご逝去後に役所(生活支援課)に葬祭扶助での葬儀の申請をおこないます。
 申請時に、死亡診断書のコピー、申請者の印鑑などもご必要となります。
 福祉葬をおこなう、日時、場所、内容などを事前に葬儀社と決めておこなければなりません。
 土・日曜日・祝日など、役所窓口がお休みの場合は、申請をおこなうことができません。


 福祉葬(生活保護葬儀)は葬祭扶助の規定の範囲で葬儀をおこなうことが前提となります。
 また福祉葬をおこなう場合、葬儀費用でのトラブルも大変多い葬儀となります。
 当社では「当家負担0円」を前提とした、葬祭扶助での規定の福祉葬をご提供しております。
 大阪市葬祭扶助での葬儀内容をきちんと把握した葬儀社選びが、とても大切です。
 

大阪市営葬儀式場を利用した福祉葬

大阪市葬祭扶助での葬儀、福祉葬(生活保護葬儀)の場合
大阪市営葬儀場の式場使用料が免除されますので、当家負担なしで葬儀式場のご利用が可能となります。
なお式場予約は、完全予約制となっておりますので、当社にてご希望の式場を予約致します。
どの葬儀式場を選べば良いのかなど、お気軽にご相談下さい。


大阪市葬儀場のご案内

福祉葬の流れ

病院などでご逝去された場合、葬儀式場に直接、故人様を寝台車で搬送することは出来ませんので
葬儀までのあいだ、当社 提携ご安置施設にて「無料」で故人様をお預かり安置致します。
お預かり安置となるため、ご安置室でのご遺族様の「付添い・ご拝顔」は出来ませんので
事前にご了承の程、お願い申し上げます。


福祉葬での流れのご説明